会社設立のかかる費用としては、法的な手続きを行うために必ず必要な法定費用と、代行業者に会社設立を依頼したさいに必要とされる手数料になります。

法的なものとしては定款作成と登記を行うさいの登録免許税です。定款とは会社の方針を定めたものですが、株式会社の場合には5万円の公証人手数料と紙で作成した場合には印紙代として4万円が必要です。この定款を作成すると謄本を作成して登記を行うため定款の謄本作成手数料が2千円程度必要です。設立登記は資本金によって異なりますが、株式会社は15万円からで合同会社では6万円からとなっています。

またこの他、実印の作成や資本金も用意しなければなりません。このようなことから会社設立は20万円程度は必ず必要とされます。一方でこれらは自力で行うことも可能ですが、会社設立を行うのであれば代行業者に任せることも多くあります。代行業者の種類としては、専門に行っている業者のほか税理士や起業コンサルタントなどが行ってくれます。

専門に行っている場合には代行手数料が必要ですが、税理士や起業コンサルタントを利用した場合には契約を結ぶ代わりに格安または無料で行ってくれるところもあります。業者に支払う手数料の相場はあってないようなもので、さまざまな費用を負担しなければならないこともありますが、おおむね法定費用と同程度が上限です。いずれにしても、依頼する前に費用に関しては詰めておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *