会社設立にかかる費用というと、ほとんどの人は相当な金額を思い浮かべることでしょう。

少なくとも数百万円レベルとか、人によっては一千万円を越えるくらいの金額をイメージする人もいるかもしれません。確かに、世の中に名の知れたような会社はこんな金額よりもはるかに大きなお金を動かしているでしょう。

そこまで有名な企業でなくても、しっかりとした会社であればもっと大きなお金を動かしているはずです。多少なりともまともな会社設立を考えている場合には、せめてこれくらいのお金がないと身動きできなくなるのではないかと考えたとしてもおかしくはありません。立派なオフィスを構えたり、集客力のある店舗を持ったりすることを考えれば、このようなイメージはある意味で当然と言えば当然です。

ですが、これらは確かに理想的な姿かもしれませんが、会社設立に必須か、最低限必要なものかと言われるとそうではありません。オフィスなど自宅の一室でも可能といえば可能です。店舗についても自宅でも構いませんし、今ではインターネット上でのバーチャルな店舗もあるでしょう。

最低限会社を設立するために必要なお金というのは実はさほど大きなものではありません。せいぜい20万円から30万円程度です。逆にいうと、最低限これだけのお金があれば法人組織を立ち上げることは誰にでもできるということであり、会社を作るためのハードルは、少なくとも資金面ではさほど高いものではないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *