株式会社設立の前には、良いことばかりを考えるのではなく、会社設立によるデメリットについても考えておく必要があるでしょう。

信用度のアップとか、税制面での優遇などメリットの多い会社設立ではありますが、決してメリットばかりではないからです。例えば、税制面に関しても、所得税は所得が低い場合は税率も下がりますし、極端ではありますが所得がゼロとかマイナスになってしまった場合は納税額もゼロになります。

ですが、法人税はそうではありません。所得が多い場合には所得税と比べて税率の低さが活きますが、たまたま所得が低くなってしまうと法人税は所得の高い低いに関わらず税率が一定という点が逆に効いてきます。さらに言えば、法人税には均等割と呼ばれる部分があり、これは法人である限りはたとえ赤字決済であったとしても納税しなければなりません。

所得が安定しない場合、赤字になるかもしれないような場合に会社設立するのは考え物だということです。また、従業員の雇用に関してもメリットとデメリットの両面があります。法人化することで知名度や信用度がアップすることは優秀な従業員を雇用する上では有利です。

一方で、個人事業主のときにはなかったことですが、法人化すると社会保険に加入しなければならないということがあります。これは会社にとっては負担増となることは間違いありません。というのも、保険料の一部を会社側でも負担しなければならないことになっているからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *