会社設立を考える場合、やはりメリットとデメリットをよく考える必要があります。

会社設立を夢見ている人は多いでしょうが、それらの人の全てが実際に会社設立しているわけでは決してありません。いろいろと考えた結果として、わざわざ会社など作らなくても個人事業主で十分と考えればそれで良いケースもあるということです。やはり一番気になるのはお金の面でしょう。

お金の面でのメリットやデメリットはどうなっているのでしょうか。メリットとしては、節税という面が大きいでしょう。個人事業主の場合は所得税は累進課税であり、稼ぎが多くなればなるほど税金も高くなってしまいます。一方で会社の場合は法人税であり、累進課税はありません。

所得が低い場合は個人事業主のほうが税額が低くなるケースもあり微妙なところですが、だいたい年間の所得が400万円から500万円を越えるくらいになれば会社を設立したほうが有利になることが多いようです。ですが、メリットばかりではありません。

会社を設立するということは即ち法人を作るということであり、個人と同じように法人も住民税がかかります。これは法人税とは異なり、会社が赤字であっても関係なく納税する必要があります。

また、社会保険への加入が義務付けられるとか、会計や決算を規制に従って厳格に行う必要もあり、これらの点に関しても費用負担は増えることになります。業務の規模や将来のことも見据えて考える必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *