いずれは会社設立を果たしたいと思っている人も多いでしょうが、そもそも何のために会社設立するのでしょうか。

個人では駄目で、会社でないといけないこととは何でしょう。人によってこの答えは様々かもしれませんが、おそらくどんなケースでも当てはまるものが信用力ということになるのは間違いありません。

何かの仕事によって自分自身の力でお金を稼ごうとする場合、当然ながら社会一般との関わりが必要になります。社会一般としては、それが消費者の立場であれ、あるいは企業の立場であれ、取引をする相手が信用できそうかということは重要です。常にそれを意識してはいないかもしれませんが、無意識のうちにでも重視されていることは間違いないでしょう。

何かの物を購入するのであれ、何かサービスを受けるのであれ、会社という組織であることは大きな意味を持つものです。ただ、とくに一般の消費者の場合、そこまで取引の相手が会社かどうかを意識していないことも確かにあります。

インターネットでネットショッピングをする場合、お金だけ受け取って商品をいつまでも届けないような店ではないか、それなりに信用できそうな店かどうかは誰でも気にするでしょうが、そこが会社なのかどうかはあまり気にしていないことも多いでしょう。

ネットショップに出ているようなお店は、一見して会社のように見えても実は会社ではなく個人経営のお店ということもあります。これでよいのであれば会社設立の必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *