個人事業を手掛けている時に、ある程度の年収を超えた場合、会社設立を行って法人事業を始めた方が税金面での優遇を受けられると言います。

ある程度の年収は700万円などの金額、毎年の年収が700万円を超えている個人事業主は会社設立を行うのが良いわけです。

勿論、700万円を超えていない場合でも会社設立は可能ですが、会社経営と個人事業では支出に違いがあるため、この金額を超えた時点で会社設立を考えるようにしましょう。

設立の流れは、定款を定めてから株式会社は公証役場で認証手続きを行い、資本金を払い込んでから通帳を記帳、記帳した通帳の写しを使って払い込み証明書や登記申請書類の作成、定款の写しを用意します。

また、会社の実印も同時に作成してから会社の本店住所が管轄になっている法務局の登記所に出掛けて登記申請を行います。

この流れで行えば一人でも会社設立が出来るようになるわけです。

定款の作成は時間が必要になること、公証役場や法務局などの役所に出掛けるなどで手間や時間が掛かることになりますが、時間を節約したい場合は、設立代行を使うのがお勧めです。

設立代行は設立登記に関するすべての業務を代行して貰うことが出来るため、自分で動く必要がありません。

尚、設立代行を使った場合は費用が掛かることになりますので、費用の比較をして安い代行業者を見つけると良いでしょう。

費用は掛かるものの会社経営の準備を進めることが出来るなど時間とお金のどちらを取るのかを考えて設立を行うようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *