会社設立時には業務開始に向けた準備と並行して、親族や友人、取引先の関係者などに向けた挨拶状を作成して送付するのが一般的ですが、そのときに注意しなければならないのは相手に送付するタイミングと文書の内容です。

挨拶状を送付するタイミングは何の挨拶をするのかによって異なりますが、会社設立を知らせる目的で送付する場合は、会社設立日の1週間から2週間程度前までに全員に届くように準備をするのがベストです。

あまりにも早く送付してしまうと、会社設立の準備において不測の事態が起こったときに設立時期が遅れることを知らせる文書を送らなければならなくなる可能性があり、設立が近くなってから送付すると相手方に失礼にあたります。

最も重要である挨拶状の文書には、会社を設立することになった旨や抱負、アピールポイントなどを盛り込んだ文章とともに会社の内容や設立予定日、本社と支社の所在地と連絡先を記載しておくのが一般的です。

会社の内容については最低限、社名、事業内容、代表者氏名を記載し、代表者以外の役員は必要に応じて追加すると良いです。

もし、会社設立の準備があまりにも忙しく、挨拶状を作成するところにまで手が回らないのであれば、お金を支払って代行業者にお願いするのもおすすめです。

顧客からの依頼を受けて挨拶状の作成を代行する印刷業者は非常に多く、中には相手への送付作業まで代行してくれるところもあるので、きちんとした挨拶状をつくりたいのであれば彼らに相談してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *