会社設立の前には、まずは会社定款を作成することとなりますが、作成に慣れていない人は業者に依頼するとスムーズに作成してもらえます。

依頼先への報酬が必要となりますが、定款作成に時間を割けない人は利用すると良いでしょう。

会社定款作成が終了したら、その定款の認証を受けることが必要です。定款認証は公証人役場で行っており、費用としては手数料が5万円必要となります。

電子定款の場合には印紙代はかかりませんが、紙の定款で認証を受けるには別途印紙代として4万円を用意することとなります。

定款には必要最低限記載しておかなければならない、絶対的記載事項と相対的記載事項があり、絶対的記載事項としてはかいしゃの目的や名称、会社所在地などがあります。

会社名称は、会社設立の際に決める重要な項目であり、容易に変更することも難しいので、じっくりと考えておくことが必要です。

会社定款の認証が終わった後は、法務局に会社設立登記申請を行うことになります。会社設立登記申請は、自分で調べながら行うことも可能ですが、時間がない時には司法書士事務所を利用したほうがスムーズに進みます。

登記申請の際には登録免許税が必要であり、15万円を用意することとなります。

無事に会社設立が出来た後は、実際に事業を開始することとなりますが、報酬を得るまでの事業資金としてある程度のお金を用意しておくことが必要です。

資金を借入する際には、しっかりとどの程度の費用が必要となるかを把握することが重要でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *