サラリーマンをやってきた人ならば、会社設立と言う言葉に対して敏感な人も多いです。

組織の中で上位に食い込ものではなく、別の路線を走り会社設立まで至れば何となくカッコ良いイメージがあるでしょう。

そのような意味だけではなく、サラリーマンの時に比べると収入も大幅にアップしますので会社設立を目指す人は少なくありません。

ですが、形だけで会社設立を目指すと大変痛い目にあってしまいます。

そもそも、会社を設立する理由はなんらかの意味があるはずですが単に格好良いからといった意味で設立はするべきではありません。

なぜなら、いきなり会社を設立してもその内容自体が安定しておらず結局赤字で終わってしまう可能性があるからです。

ではどのようにしたらよいかといえば、最初は個人事業主から始めるのがよいでしょう。

個人事業主の場合は、特に会社名などは存在しませんし登記なども存在しませんが、小さい間はそのレベルで行った方が何かとメリットがあります。

少なくとも会社にするならば、ある程度先が読める段階になってからにする必要があるでしょう。

そもそも会社設立のメリットの一つは、税金対策になります。全身対策とは、当然ながらそれなりの売り上げがあってこそ意味があるものです。

まだサラリーマンの収入よりもお金を稼いでいないにもかかわらず税金対策のことを考える必要はないです。

そうではなく、ある程度大幅に売り上げが伸びてそろそろ税金対策をしなければならない時に会社を設立する必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *