会社設立時はなにかと忙しく、物入りなことが多くなります。

ついついあれもこれもという具合で、なにもかも行い、なにもかも買うということになりがちです。

でもそれでは手間暇も大変ですし、お金も結構出て行ってしまうので、一工夫する必要があります。

そこで会社設立時のやることやお金を出すことに関しての一つのノウハウ活用のおすすめです。

それはMUSTとWANTで区分するというものになります。

MUATは会社設立の際には必ず行わなければならないもの、あるいはお金を投入しないと運営に著しい支障をきたすものと定義できます。

WANTは、それに対して余裕があれば行っていた方がいいもの、あるいは予算が余るようであればお金を投入したい方が効果的だというようなもの言うことになるのです。

つまりMUATは絶対的必要事項であり、必ずやるべきことやかお金を使うべきものであり、WANTは相対的必要事項でMUATをクリヤーした上で、余裕があるとかお金が使える状態であれば、手を出すという性質になります。

間違ってはいけないのは、WANTをいくら数多くクリヤーしたところで、MUSTを一つでも落としたら本末転倒だということです。

したがって、会社設立の際に経営者とか責任者がまず行うことは、様々なアクション、設備投資、什器備品などに関して、MUATなのかWANTなのかをしっかりと判断し、周知徹底することになります。

因みに、什器備品などでも数量的な視点で見れば、MUAT数量とWANT数量があることも認識しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *