会社設立には以下のような費用がかかります。

株式会社の場合は、定款認証手数料52、000円(定款認証手数料が50、000円、書面による謄本交付手数料約2、000円)、定款の印紙代40、000円、登録免許税150、000円、合計しますと最低242、000円の費用がかかります。

合同会社の場合は定款認証が不要のため、電子定款を採用すれば登録免許税60、000円が会社設立の最低費用です。もし紙の定款を作成した場合は印紙代が別途40、000円かかりますので注意してください。

よく見ると株式会社も合同会社も登録免許税の締める金額が大きいのですが、この税金は何なのでしょうか?簡単に説明しますと登録免許税は新しく会社の法人格を認めてもらう際に法務局、すわわち国に支払わなければならない手数料のようなものと言えます。

会社設立にあたり株式会社であれば資本金額の1、000分の7(0.7%)を登録免許税として納めることになります。納付の最低金額は150、000円に設定されているため、資本金額が2、143万円未満の場合は一律150、000円です。合同会社の場合も資本金額の1、000分の7(0.7%)で税率は同じですが、会社の規模を想定し納付の最低金額は60、000円(資本金額857万円以下は同額)に引き下げられています。

登録免許税の納付方法は、収入印紙で納付する方法と現金で納付する方法があります。収入印紙の場合は印紙貼用台紙へ貼り付けて法務局へ提出し、現金の場合は法務局が指定する銀行口座へ振込を行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *