これから会社設立をしたいと考えている人にむけて、会社設立に必要な費用に対する考え方を説明していきます。

将来的にどんなジャンルであれ会社をつくる予定がある人は参考にしてください。まず、会社設立をする際にどうしても必要な会社設立の費用として、資本金と会社設立登記費用があります。資本金は会社を存続させるうえでとても重要になるお金なので、かならず必要となります。

しかし、金額に関する決まりはありませんので用意できる額を資本金とすればいいでしょう。もちろん多額であれば、それだけ会社にお金があることが示されます。そうは言っても、会社の規模はビジネスとはなんら関係がありません。

準備できるお金を必要に応じて用意すれば十分です。また、会社設立登記の費用とは司法書士に登記を依頼するときの報酬と登録免許税という税金です。司法書士に依頼する際には、数万円の報酬が必要となります。

ただし、この登記そのものは経営者や会社スタッフの誰でも行うことができます。もしも司法書士への報酬を節約したいと考えているのであれば、自分たちで登記をすればいいでしょう。

難しい法律の内容を理解できて、なおかつ時間や手間をかけることをいとわないのであれば自分で登記をしてもいいのですが、通常は時間を節約することを重視して司法書士に依頼します。数万円の負担ですみますので、ここでも司法書士への依頼をおすすめしています。まずは司法書士に相談してみてもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *