会社設立をするのに自分で行うこともできます。

しかし、代行サービスを使った方が安くなるケースもあります。それは、電子定款を使うことと関係しています。会社設立代行業者は電子定款を使いますが、これは印紙代がかからないので4万円の印紙代分の費用を浮かせることができます。電子定款を作成するのに必要なソフト、機器を購入するのには4万円以上かかってしまうため、持っていない方はこの恩恵を受けることができません。つまり、そういった環境にない人の場合、会社設立代行業者に依頼したほうがお得になります。

もちろん、4万円すべて浮くわけはありません。代行業者に報酬を支払わなければならないからです。この点も、格安で請け負っているところがありますので、それを使うと3万円くらいは得をすることとなります。それでいて自分は書類の作成などをしなくても良いので、別のことに時間を割くことが可能です。会社設立に必要な知識を得ること自体は重要であるため、コストを気にしないなら自分でやった方が知識がつくのでおすすめです。

紙の定款の場合は4万円高くなりますが、それを勉強代だと考えるのならば決して高いとは言えないでしょう。会社の運営のために必要な会社法の知識を、設立段階でも少しずつ蓄えることができて、それが将来のためになるからです。会社設立を安くするために代行業者を利用するか、知識を得るために高くても自分でやるかは、人ぞれぞれの考え方次第です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *