初めての会社設立を考えているなら代行会社に依頼した方が良いと考えられます。

個人でやる場合、手続きについて調べたり、必要な物を用意したりする手間が掛かってしまいます。代行会社に依頼すれば、会社設立の専門家が書類の作成や各種申請といった面倒な業務を引き受けてくれます。依頼主がやることと言えば、必要書類の送付やチェックといった簡単な業務だけです。依頼は代行会社のホームページでメールや問い合わせフォームを利用して行います。依頼方法にはネット上で完結するやり取りと実際に合ってやり取りする方法があります。

早い時は代行の依頼を申し込んでから1週間程度で会社設立ができます。専門的な知識が無い個人がやると、調べ物や準備などに時間が掛かりますし、他の作業が回らなくなります。素直に依頼した方がメリットは大きいと言えます。会社設立の費用は電子定款なら20万~25万円くらいに抑えることができます。電子定款は紙の定款と違って非課税なのでお得です。紙の定款を利用すると課税対象なので収入印紙代に4万円払うことになります。ただし、電子定款を利用する場合でも読み取りに使うカードリーダーなどを別途用意することになります。単純に4万円分浮くと考えない方が良いでしょう。

会社設立の前に決められることは決めておくと良いです。分からないことがあれば専門家に相談して助力を得るのも良いでしょう。事前に決めておきたいことには商号、事業目的、本店の所在地、資本金、事業年度があります。他にも印鑑を自前で用意するのか、代行会社のオプションを利用して用意してもらうのか考えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *