会社設立代行で調べると、多くの業者が存在することがわかります。

安いところから高いところまでありますが、利用するなら値段だけで決めるのではなく、対応がきちんとしているところを選びましょう。会社設立代行業者を運営しているのは、ほとんどが士業です。ただし、士業にもいろいろあるため、運営しているのがどの士業かで適している領域が異なってきます。いずれの場合でも、登記の書類作成までも完全にやってもらいたい場合は、司法書士がかかわっているかどうかは見ておく必要があるでしょう。

行政書士や税理士などは、登記書類の作成をすることはできませんし、申請の代理もすることはできません。そのため、仮にやっていたとしたら違法です。また、違法なだけではなく、専門知識の少なさから不適切な登記申請になってしまう可能性もあります。したがって、司法書士以外が運営しているケースでは、きちんと提携しているかどうかはチェックしておきましょう。おすすめは、初めから複数の士業が一体となって運営している会社設立代行サービスです。

これがおススメなのは、それぞれの士業の強みを生かしてもらうことが可能だからです。弁護士は法律に適合しているかを総合チェックしてくれますし、行政書士なら許認可申請の代行も知れ貰うことができます。司法書士は登記に関しての知識を生かしてもらうことが可能です。このように、複数の士業で運営されているところなら、会社設立を確実に代行してもらうことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *