会社設立代行を安く行っている業者や士業を見つけることができます。

彼らがなぜ会社設立代行を安く行えるかというと、電子定款を用いた会社設立を行うからです。実費負担は依頼者になりますが、電子定款を使うと紙の場合と異なって印紙代がかかりません。印紙代は4万円かかるため、4万円安く会社が設立できることとなります。もちろん、代行業者を利用する際の手数料が別途かかるため、依頼した場合は4万円安くなるわけではありません。それなら自分で電子定款を使って会社設立をした方が一番安いこととなります。

それはその通りですが、電子定款を作成するためにはソフトウェアやICカードリーダーなどを購入しないといけません。すでに持っていれば良いのですが、持っていなければ4万円以上かかってしまいます。それなら、頼んだ方が結果的に安くなります。手数料も数千円程度で代行してくれるところも多いです。安くしているのは、大量に仕事をしているので安くできるという理由と、その後のサポートや顧問契約等を見据えて安くしているという理由があります。

代行業者や士業を選ぶ際には、司法書士や弁護士が関与しているところを選びましょう。税理士や行政書士が行うことが可能なのは、あくまで定款の作成まで出会って、登記申請書の作成や登記申請の代理をする権限はありません。もし行っていれば違法行為であり、何らかの責任が自分に降りかかってしまう可能性がありますので、そういったリスクはいかに安くても避けるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *