会社設立代行を格安で行っている業者や士業のホームページが多いです。

それらが安く会社設立代行をすることができる理由は、たくさんの仕事をこなしているからです。たくさんの仕事があれば一件当たりの利益を抑えても十分収益につながります。また、最初に安く利用してもらって、将来的に顧問契約を結ぶなどの機会を狙って安くしているケースもあります。よく、会社設立代行業者が自分で設立するよりも安くなると宣伝していますが、正確には誤りです。当然自分でやった方が安いです。

業者や士業は電子定款を活用しており、それは紙の手続きよりも安くなることから、自分でするより安いと言っています。つまり、自分で電子定款を作成して会社設立を行える方ならば、代行手数料を払わなくてよい分、自分でやった方がやすくなるわけです。しかし、電子定款を作成するためには、ソフトウェアやICカードリーダ―を購入するなどの必要があります。また、必要な知識がなければ設立のためにいろいろ勉強しなくてはならなくなる結果時間も勉強代もかかります。一方、業者や士業は設備をすでに持っていて、ノウハウもあります。

そのため、自分で作成する環境がなくノウハウもないといった人にとってみれば、業者や士業に頼んだ方が安くなります。このような意味で言えば、確かに自分で手続きをするより安いという表現はあたっています。代行手数料自体も数千円という破格の料金で請け負っているところもありますから、機器の導入などをしなくてはならない場合ならば、業者や士業を使った方が大幅なコストカットになるといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *