会社を設立するときには定款を必ず作成して認証されることが必要です。

電子定款を申請するためには法務局が提供するオンラインシステムを利用することになります。このオンラインシステムを利用するためには、ある程度の準備をする必要があるのです。オンラインシステムを利用するためには幾つかパソコンの設定を変更して申請する人を登録することになります。

そして申請用のソフトをインストールすることも求められるのです。電子定款は定款の内容をある程度決めておいてから作成する必要があります。ワープロソフトのファイル形式などで定款データを作成して準備を進めていくのです。定款データを作成したら一旦、公証役場や法務局で要件を満たしているかどうかなどを確認していくことが重要になります。1度承認申請を行ってしまうと訂正したり、もう1度申請したりするときに、5万円ぐらいの申請料が発生してしまうからです。

何度もその費用を払うことにならないように訂正する部分がないか前もって確認しておくことが求められます。電子定款を作成するためには機器やソフトを用意することが必要です。PDF形式のデータを作成するときに署名ができるソフトでないといけないため、そのソフトを入手しておくことが必要になります。電子証明書やマイナンバーカード、ICカードリーダーライタも用意しておくことが必要です。マイナンバーカードを発行していない場合は住基カードでも対応することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *