起業した時などに法務局に提出する必要性があるのが定款という、会社の規則を記した書類です。

これは昔は紙に書いた書類を提出するということが当然でしたが、今は電子定款という電子データで提出することが望ましいとされるようになりました。何故そのようなことが言えるのかというとね、法務局が手数料を数万円も割り引いてくれるようなシステムまで作ったからです。

電子定款と紙の定款とでは手数料が大きく異なるようになったのです。勿論、電子定款の方が圧倒的に安いという事になり、多くの起業家は電子定款でデータを作るようになりました。このようなことを法務局がしているのは、それだけのメリットが電子定款にはあるからです。一つには情報の管理が簡単になります。何しろ記憶装置となるハードディスクがあれば事足りるわけですから、紙であれば倉庫が必要になるものが、ハードディスクのようなものがあるだけで終わってしまいます。

スペース的にどれだけ省けるのか想像も出来ません。それでいて、利便性は際立っています。辞書とネット検索の違いがあるぐらいのものですから、電子データで情報検索をするといかに利便性が良いのかがわかるでしょう。これを仕事とするのであれば、電子データしか考えられないわけです。書類の山に埋もれないで済むという事も大きな魅力です。書類はどんどんと増えていくので、これが整理できるという事も魅力ですし、デメリットがほとんど見当たらないと考えてもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *