会社のルールが書かれている定款は起業をするときに必要です。

従来は紙の定款が一般的でしたが今は電子定款が主流となっています。データ化しているものなので従来までの紙の種類に必要だった印紙代がかからないのがメリットです。これにより大幅なコストカットをすることが出来るので必見と言えるでしょう。電子定款を作る方法は全部で2通りあります。手っ取り早く作ってもらいたいときは専門業者を使うのが基本です。

業者にもよりますが1万円以下で対応してくれるところが多いといえます。自分で制作をするときには機材が必要なので揃っている人だけにしましょう。道具はPDF変換ソフトとICカードリーダー、パソコンです。これらのものを買うと安くても10万円くらいはかかります。既に道具を持っている人はパソコンを使い定款をPDFファイルに変換すると良いです。また代表者の住民基本台帳カードを取得する必要があるので、市町村役所で申請します。

電子証明書を取得する場合も同時に市町村の窓口に行きましょう。ICカードリーダーに住民基本台帳カードを挿入して電子署名プラグインソフトを使うPDFに署名をつけます。なおPDF署名プラグインソフトはインターネット上からダウンロード可能です。すべての作業が修了すると電子定款の完成ですが、最後のステップとして電子認証を行います。供託オンライン申請システムを使う申請者登録を行う申請用総合ソフトをダウンロードすると良いです。公証役場で定款を受取り終了となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *