定款は書類にて作成するのが一般的ですが、これは印紙代がかかってしまいます。

なるべくコストを削減したいときは電子定款を使うのが基本です。データ化してしまえば書類ではなくなるので印紙代がかかりません。普通は代行業者を利用して作成してもらうことができます。機器がすべて揃っているのなら自分で作成するのがお得なので知っておくといいでしょう。

必要になる機器はICカードリーダーとパソコン、PDF作成ソフトと住基カードや電子証明書です。定款は文章作成ソフトを使い作ります。電子定款をする前には公証役場にて事前にチェックを行うといいです。PDF作成ソフトを使いファイルを変換しますが電子署名挿入機能のついているものでないといけません。代表者の住民基本台帳カードを取得します。住基カードは住民票のある市町村役場にて交付される仕組みです。また住基カード新生児には本人確認書類と手数料、写真撮交付申請書が必要となっています。電子証明書の取得も同時に市町村の窓口で行う必要があるので覚えておくと良いです。

こちらは住基カードと本人確認書類、手数料と電子証明書新規発行申請書を用意します。PDFの定款に電子署名を付けるためにICカードリーダーを使い電子証明書を読み込むのが基本です。プラグインソフトを使いPDFに署名を付けて最後に電子定款を作成したら電子認証手続きを行い完了となっています。以上が大まかな流れなので覚えておくと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *