会社設立の際には定款が必要とされています。

現在では紙ベースの定款を整備する義務はなく、PDFで作成した電子定款で手続きを行うことが可能です。電子定款にするメリットとしては、紙の定款であれば収入印紙4万円が必要となってくるのですが、それが不要になります。そんなこともあって、昨今は電子定款を作成する企業が目立ってきました。

スムーズに行けば、半日ほど作成可能です。注意すべき点としては、定款の記載内容に間違いがありながらそのまま承認の申請を行なうと、あらためて訂正と再申請をしなければならなくなってしまいます。再び手間がかかることとなるのです。ですから定款原稿を作成したらまずは公証役場か法務局で事前に定款の内容を確認してもらうのが安全です。また、定款の原稿をWordで作った場合、それをPDFに変換しなければなりません。PDF変換ソフトは電子署名挿入機能が付いているものであることが求められていますので、フリーのソフトでは電子定款の作成はできません。選択肢としてはAdobeAcrobatに事実上絞られることとなります。

もし持っていない場合は、購入することが必要となります。さらに変換したPDFファイルには電子署名をつけなければなりません。電子署名をつけるためには電子証明書の認証が求められます。それを申請をするためには住民基本台帳カードが必要です。そして電子署名も必要です。たとえれば実印でいうところの印鑑証明書にあたるものです。ICカードリーダライタを準備してPDFに署名を付ければ準備は完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *