通常の場合は定款の作成は紙で行いその紙で作成をしたものを公証役場にて認証を受けるというのが一般的な流れでした。

ただ昨今では電子定款という形で作成を行い、その認証を受けることも増えています。この形での認証では通常の場合とは違って少しお得なポイントがあります。一般的な紙ベースでの定款では必ず印紙を貼付して認証を受けますが、電子定款の場合にはこの印紙税約4万円が不要です。したがって印紙税といった経費を削減する意味ではこちらの方が優れています。

ただしこのとき注意をすべき点として、定款の書式や様式を満たしているかどうかの確認が必要です。そのため公証役場に赴き申請する前に事前において案を見せて問題が無いかどうかチェックを受けることが大事です。この場合であればまだ正式な提出ではありませんから、もし間違いや誤りなどがあってもお金などは不要で修正すべきところを教えてもらえます。その後に電子定款として申請を行えば良いわけです。この課程を軽視するともし間違いがあったときの訂正に時間も費用もかかることになりますので疎かにしないことが重要になります。

なお電子定款での申請には必要なものがいくつかありますので、もしそれらを揃えるのが大変だというのであればこの申請に慣れている行政書士などに依頼をするのも有効です。もしくは頻繁に定款関係のことをなすのであれば、自ら用意をしても良いですが、数千円程度の出費が必要ですので依頼をした方が時間と金銭的に負担は楽になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *