水虫に効く抗真菌薬と漢方薬、注意したいタオルの使用

水虫は白癬菌という真菌の一種が感染して起こります。真菌は細菌よりも高等なカビの仲間で、皮膚の表面で繁殖するだけなら外用薬で治療できます。しかし爪の中などへ入り込んでしまうと、内服薬が必要になる場合もあります。
代表的な抗真菌薬には、ポリエン系やアゾール系の抗生物質があります。前者は真菌の細胞膜に穴を開けて殺してしまいます。後者は真菌の細胞膜の合成を阻害し、繁殖を防ぎます。このほか、動物細胞にはない真菌の細胞壁の合成を阻害するタイプの抗真菌薬もあります。ヒトと真菌の細胞構造の違いを利用して、真菌だけに作用するのが抗真菌薬の特徴です。これらは直接的な効果を期待できますが、内服薬は胃障害や肝臓障害などの副作用が出る可能性があり、また耐性菌の出現も懸念されています。
漢方薬は真菌を直接攻撃するわけではなく、真菌症に対する免疫力を向上させることが主な目的です。服用する漢方薬は患者の体質によって異なり、たとえば体力のある人には十味敗毒湯が、虚弱体質の人にはヨクイニン湯が処方されます。また外用薬としては華陀膏や紫雲膏などが用いられます。漢方薬は即効性を期待するよりも、根気良く続けるのがポイントです。
真菌は至るところに存在します。水虫の感染者が家族に一人いれば、タオルやバスマットを通じて全員に感染するおそれがあります。感染者が使ったタオルなどは別にして、家族と使い分けるのが望ましいでしょう。また水虫は表面上は治ったように見えても、真菌が生き残っていると再発する可能性が高いと言えます。完治するまで薬をやめないことと同時に、タオルやマットは頻繁に洗濯し、直射日光に当てるなどして殺菌を心がけることが大切です。