抗真菌薬で剥離した皮ふが付く為マットはこまめにケア

いわゆる水虫は水虫菌によって起こりますが、水虫の菌というのは真菌というカビの一種です。水虫の薬にはいろいろなものがありますが、抗真菌薬以外の薬では真菌をなくしてしまうこと自体はできませんので、かゆみを抑えたりはできても、根本的な退治にはなっていません。水虫の治療には、抗真菌薬を用いることが大事です。抗真菌薬をつけていくと、まず表面の皮ふが剥離していきます。そしてかゆみがなくなっていきますが、表面上皮ふが剥離してきれいになっても、皮ふの内側にはまだ水虫菌が残っていますから、抗真菌薬をつけ続けます。長く薬を続けることによって完全に退治することができます。薬をつけることと並行して日常生活でも気をつけていかなくてはいけませんが、水虫菌は湿気を好みますので、日頃から足を乾燥せておくのが早く治るポイントです。家の中で、素足でいることがよいのですが、その際注意しなくてはならないのが他の家族に水虫をうつしてしまうことです。これでは堂々巡りになっていつまで経っても完治しませんので、例えば玄関のマットなどは他の人が踏まないように気をつけます。マットの上には本人の足から剥離した皮ふがぼろぼろこぼれていますので、それを介してすぐうつってしまいます。マットなどは専用のものにし、たびたび洗って乾燥させ、きれいにしておくようにします。職場などでも仕事中サンダルに素足でいらられば水虫の改善にはよいのですが、その場合も他の人にうつらないように万全を期すことです。乾燥だけではなく患部を清潔に保つことも重要ですので、シャワーや入浴が欠かせませんが、その際浴室にあるマットも自分だけの専用にして、さらに頻繁に乾かします。少しでも足が湿っぽくならないためです。抗真菌薬での治療と日頃の生活で、完治させることができます。