原因菌により治療法が抗真菌薬かゲンタシンか分かれる

皮膚に異常があらわれたときには、それが細菌によるものかどうか見極める必要があります。水虫などを引き起こす白癬菌はカビの一種であり抗真菌薬なら有効性がありますが、アミノグリコシド系抗生物質であるゲンタシンは効きにくいことが多いため、塗り続けても効果が期待できなくなるからです。

病院では患部の皮膚を採取し顕微鏡で調べたり、血液検査などでも原因菌が何なのか知ることができます。ゲンタシンは昔から細菌感染症に使われてきた薬で、ブドウ球菌やレンサ球菌などに有効性があり、ニキビや緑膿菌感染で皮膚に異常が出たときの治療にも用いられています。

ゲンタシンは塗り薬のため、副作用がないと勘違いする人もいますが、薬の影響で発疹やかゆみが出ることがありますし、広範囲に塗ることで耳鳴りやめまいを感じる人がまれにいるので、元々薬に弱い人は使用する際に配慮する必要があります。

抗真菌薬もゲンタシンも古くから使われてきているため、耐性がついてしまっている菌も多くいます。1週間程度塗り続けても皮膚の異常が変わりない状態であれば、別な薬に変えてもらうなどの対応をしてもらいましょう。勝手な考えで長期使用すると悪化することもあるので、一度処方されたらもう病院に行かないのではなく、何日か経過したらもう一度診てもらった方が安心です。

水虫に抗真菌薬を塗布した後は、なるべく乾かしておくことが求められますが、ゲンタシンはガーゼなどに伸ばして塗って、患部に貼るなど使い方が違っているので、混同することが無いようにします。目の近くなどに使うことはできないため、塗布した後は手を綺麗に洗うようにして、薬が付いたままの手で目をこすらないように注意することが不可欠です。