抗真菌剤の使い方

真菌に対する感染症にはいくつかの種類がありますが、最もよく知られているものの一つが水虫です。白癬菌に対する感染症であり、足や足の爪がその患部となりやすいことが特徴となっています。その治療は以前はできないものという認識を受けており、水虫を持っている人というと毛嫌いされることが多々ありました。しかし、抗真菌薬として有効性の高いものが開発されてきたことによって根気強ささえあれば完治することができるようになっています。その最も使用しやすいものは塗り薬であり、軟膏やクリーム剤、液剤などのいくつかの形で提供されています。これを用いて根気よく塗布することを続けていけば真菌を完全に死滅させて完治することができるというのが現状です。これは抗真菌剤として殺菌性のあるものが登場してきたからであり、その副作用の少なさから長期間にわたって使用してもほとんどの場合には副作用がでてこないことも完治が可能になったことに大きな寄与をしています。抗真菌剤を用いて完治を目指す際にはその使い方について二つの点に留意することが必要です。抗真菌剤の強力な作用によって比較的速やかに見た目の症状がなくなりますが、その時点では完全には真菌は死滅していません。それでもなお生き残りがいる状況がしばらくは続くため、症状がなくなってもしばらく塗り続けるということが一つ目の留意点です。もう一つは症状が出ている部分に対して十分に広く塗布するということです。症状が出ていない部分にも真菌がいる可能性が高いからであり、患部の周辺は症状が出ていないだけで真菌が豊富にいる場合があります。その真菌も死滅させるために広範囲に塗るということが不可欠な点です。

■水虫は薬で確実に治しましょう
ニゾラールで水虫完治を目指す
ラミシール